現状復帰という義務

打ち合わせする男女

賃貸住宅の特徴とは、「レンタル」と言う事です。自分が退去した後の部屋は、新しく入る住人が使用する事になります。 一度人が暮らした家は劣化するのが当然ですから、家主は新しい住人の為に家を修繕する必要があります。 自分が賃貸住宅で暮らしている間、あまりにも部屋が破損してしまった場合、初期費用として預けた「敷金」でその修繕を行なう事になります。貸借人には借りていた部屋を「原状復帰」する義務があるのです。 原状復帰費用をゼロにするか、あくまでも安く抑えたい場合、出来るだけ部屋を綺麗に使うようにしましょう。 ガスコンロやキッチンシンク周辺が汚れてしまった場合、貸借人が原状復帰する事になりますので注意が必要です。 新しい住まいに入る場合、あらかじめどのような破損が原状復帰義務の範疇なのかガイドラインを確認しておくと良いでしょう。

貸借人は借りた部屋を綺麗にして返す原状復帰義務を負っていますが、一方生活する中で自然に消耗してしまった破損に関しては修繕する必要がありません。 退去時にお金を払わずに済むよう、どのような破損が「経年劣化」になるのか、チェックしておきましょう。 例えば屋内にテーブルや椅子を置いておくと床がへこむものですが、このような劣化は原状復帰の対象ではありません。生活するために必要不可欠な傷は、貸借人の落ち度で出来るものではないのです。 同様に冷蔵庫を壁際に置いていたせいで出来た電気焼けは、「自然消耗」の範疇です。もしも退去時に修繕費用を請求された場合、きちんと断るようにしましょう。 また一般的に鍵を換えるための費用は貸借人が負担すると思われがちですが、こちらも家主が負担するのが常識です。